新しい仲間を待っています

interview

インタビュー

毎日が新たな発見!
挑戦の数だけ成長できる

何でも相談できる環境がある

就活中、合同企業説明会で友達から勧められて面談を受けたのがサン・ロードとの出会いです。アットホームな雰囲気だったので、働きやすそうな会社だと直感。生まれ育った山口で働きながら、人々の暮らしに貢献できるし、将来的に地図にも残る。やりがいの大きい仕事だと感じました。
なんとなく怖い人が多そうなイメージの業界でしたが、いざ入社してみるとその真逆。温和で優しい先輩方がたくさんいます。質問すればすぐに明確な答えが返ってきますし、「ここはひと手間かけた方が後々の作業がラクになるよ」など、経験に基づくアドバイスをもらえるので、とても心強いです。上司との距離も近く、どんなことでも気軽に相談できる安心感があります。

江藤 翔太郎

若さは最大の武器!失敗を恐れず果敢に挑戦

先輩から言われて特に印象に残っているのは、「協力業者さんに気に入られなかったら、この仕事はできないよ」という一言です。現場を支えているのは、良好な人間関係。そのため、手が空けば協力業者さんの仕事も手伝い、積極的にコミュニケーションをとるようにしています。私は一番年下なので、今はいい意味で若さを武器にできるのかなと。先輩方も「フォローするから、失敗を恐れずにやってみなさい」と優しく背中を押してくださいます。現場が変われば新たな発見があり、学ぶこともたくさんあります。挑戦の数だけ成長できると思うので、できる限りいろいろなことにチャレンジして、周りの期待に応えられるように頑張りたいと思っています。

資格取得を目指して日々勉強中!

まずは土木施工管理技士2級の資格を取得して、一人で現場につけるようになるのが目標です。ゆくゆくは1級の資格を取得して、最終的には一人で現場を管理できるようになりたいですね。土木業はきつい、つらいといったイメージがあるかと思います。確かに大変なこともありますが、構造物が完成したときの達成感は格別! 身につけたスキルは一生ものになるはずです。着実にスキルアップしながら、この業界を盛り上げていきたいです。

江藤 翔太郎
江藤 翔太郎

PROFILE

管理部
2019年新卒入社(勤続1年)

江藤 翔太郎 SHOTARO ETO

休日はゆっくり一人の時間を満喫。カフェで読書をするのが定番です。最近読んだのは『人間失格』。適度な筋トレも欠かせません。

江藤さんのある一日の流れ

8:00 業務開始、現場へ移動
矢印
9:00 現場管理

先輩について実践的に現場での動きを学びます。

矢印
12:00 昼食
矢印
13:00 現場管理

午後も引き続き現場作業。こまめに水分・塩分を補給しながら、安全な現場管理を進めます。

矢印
17:00 退社

ページの先頭へ

Copyright © SUNROAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.